トップページ
エアリアルヨガについて
養成講座・認定資格
講師派遣お仕事紹介
全国のエアリアルスタジオ
加盟校認定校について
エアリアルヨガ用品販売
日本エアリアルヨガ協会概要
よくある質問
お問い合わせ
  • Search
2級募集
社員募集4
wanderlust
  • 締切間近!
  • 【東京会場】6月開講インストラクター養成講座PROFESSIONAL1級最終締切まで
    あと 1
イントラ派遣3
加盟校募集1
物販
yogi

FACEBOOKシェア
twitterシェア
LINEシェア

insta

エアリアルヨガについて

エアリアルヨガとは

エアリアルヨガとは、ニューヨーク発祥のハンモックを使った最新ヨガスタイルのことを指します。
ハタヨガをベースに、ヨガ講師によって考案された流れを組むものや、パフォーマーによって考案されたフィットネスやパフォーマンス要素を含むものなどもありますが、いずれも自由な発想や新しいアイデアが歓迎される街ニューヨークで’00年代中頃に生まれました。
セレブやビジネスパーソンなどをはじめ、フィットネスやダイエットに関心が高いニューヨーカー達の間で話題を呼び、瞬く間に世界に広がっていきました。

日本では、空中ヨガ、ハンモックヨガ、反重力ヨガ、無重力ヨガ、ぶらさがりヨガ、エアロヨガ、エアヨガ、フライングヨガ、ファブリックヨガ、スリングヨガ、シルクヨガ、ウーナタヨガなど、色んな呼び名で言われることがあります。

布に体をあずけてポーズを行うので、初心者でも関節や背骨に負担をかけることなく、余計な力を使わないで体幹を鍛えることができます。体が硬い方でも楽にポーズを行うことができます。

空中に浮いてバランスをとるため綺麗に筋肉がつき、逆さになることで血流が促され脳が活性化されます。
副交感神経が優位になりストレスが解消できます。

また無駄な力もぬけますのでリラックス効果があり、呼吸にも集中することができます。 
f4

内容が全く同じで名称を変えて行っているだけのものもあれば、特徴に若干の違いがあるものもあります。
商標登録されている名称もありますので、表記には十分ご注意ください。
「エアリアルヨガ」は一般名称なので自由に使用できますが、協会名は商標登録しております。



ハンモックの特徴

ハンモックハンモックには、一点吊りと二点吊りとがあります。
できるポーズや動きも、一点吊りと二点吊りとでは異なります。

布のタイプも、網状になっているものや伸縮性のあるものないものなど様々。
布の長さや天井高によっても変わってきます。

スタジオによって使用しているハンモックのタイプは異なりますが、初心者の方には左右が固定された二点吊りの方が扱いやすいです。

当協会では一点吊りと二点吊りの両方に対応した、ゆったりと気持ちのいい伸縮性のある布を推奨しております。

●ナイロン100%(40デニール)
●5m×2.8m
●耐荷重量約900kg

スタジオでレッスンを行う場合、天井高は2.4~5m必要となります。
天井高が低めだと、できるポーズが限られるため、3m位あるのが理想です。
 

ご購入はこちら

エアリアルヨガの効果

協会の立場上、医学的根拠が証明されていない限り効果効能を明示することはできませんが、受講生の方々から実体験としてよくお聞きする効果を以下にまとめさせていただきました。
長期的継続的にレッスンを受けることで、効果が実感しやすくなります。
得られる効果にはもちろん個人差がありますので、あくまでご参考までに。

●体の歪みの矯正
●骨盤から首にかけての背骨の詰まりを解消
●姿勢の改善
●腰痛緩和
●肩こり解消
●血流促進・血行改善
●冷え・むくみの解消
●基礎代謝のアップ
●新陳代謝促進に伴うアンチエイジング効果
●体幹強化に伴うダイエット効果
●便秘解消
●脳の活性化
●ストレス解消
●肉体的精神的リラックス効果   ・・・など
img-1480959524-5339 - コピー

またアメリカ版のヨガジャーナル誌には、以下のように紹介されています。

"エアリアルヨガは、ヨガ初心者の人ほど有益。
なぜなら、ヨガのポーズですべきことはハンモックを使うことで重力がやってくれるから。
ハンモックに助けられて体が伸び、内側に空間が生まれる。
ヨガ初心者に一度ハンモックを使って感覚を覚えてもらうと、その記憶を床でのヨガに生かすことができる。"

次は是非あなた自身が体験してみてください。

自宅でエアリアルヨガをしたい場合はこちらお近くのスタジオを探す場合はこちら

受講にあたっての注意

通常のヨガとは違って、ハンモックを使用し逆さのポーズなどもあるので、ルールを守って受講していただかないと危険を伴うケースがあります。
そのため、安全面・衛生面・体調面も含めた諸注意事項が設けられているスタジオがほとんどです。

なお当協会で講座やレッスンを受講される方には、以下の内容に同意していただいております。

<着衣について>

●ハンモックはデリケートなため、ピアス・ネックレス・指輪・ベルトなどは外していただきます。
●爪が長い人にはハンモックと爪の保護のため、滑り止め付の夏用手袋(無料貸出)を着用していただいております。
●布で肌が擦れる場合がありますので、長袖・長ズボンなど露出の少ない服装が望ましいです。
●布が傷付きやすい服装(ジッパー等の金具の付いたウェア)の場合は着替えていただきます。
●脇の下にハンモックを挟むポーズを行うので、衛生の為、必ず袖のあるウェア(半袖可)を着用してください。
●布に匂いがつくため、香水をつけている方や体臭が気になる方の受講をお断りします。

<体調について>

●体調が思わしくない方、めまいがする方は受講できません。
●運動に影響のある持病をお持ちの方や妊娠中の方は受講できません。
 ⇒過度な高低血圧、骨粗鬆症、脳の病気、心臓の病気、緑内障、ヘルニア等
●体重制限は80kg未満です。
●受講中に具合が悪くなった場合には速やかに講師へ申し出てください。
●途中退室となった場合でも、受講代金の返金は致しませんのでご了承ください。


禁止項目
着用禁止画像

◎受講に際してのアドバイス

●ペットボトルは足元などに置いていると危険です。スタジオ内の棚に置いてください。
●落下するなど危険防止のため、安全のためのポイントをしっかりと確認しながら行ってください。
●食後1~2時間くらいで受講すると、人によっては酔いやすくなってしまう場合があります。
(お食事~レッスンまでは少しお時間を空けておいていただくのがベターです)
●気持ち悪くなってしまった場合には無理をせず、パペットのポーズかマット上で少し休憩してください。
(「頭部を下げる」「冷たいドリンクを飲む」などをすると比較的回復が早いです)
●三半規管が弱い方でも3回くらいで慣れてきますので、焦らずゆっくりとご自分のペースで進めていきましょう。


理想的なレッスン環境

新規オープン予定のスタジオ様からよくご質問を受けますので、推奨している配置図をご用意しました。
以下、店舗様向けの内容です。

理想的な配置図
安全性の確保について
スタジオが広く受講人数が多い場合や、新規開講で体験レッスン生(未経験者)が多い場合には、安全性確保のため、講師のほかにアシスタントの方がいると理想的です。
アシスタントの方はエアリアルヨガ指導ができる方でなくても大丈夫です。
ハンモックに座る時や逆転のポーズなどの際に補助ができるスタッフが1名いると、安全性が高まります。

ハンモックのお手入れや衛生管理について
ハンモックはこまめに洗濯するようにしましょう。
カラビナからハンモックを取り外す際、結び目が固くなっていてほどけないと思いますが、そのまま洗濯・乾燥するとほどけやすくなります。
ほどけた後に結び目部分を広げて乾燥してください。
またレッスン前には受講者の方に除菌シートをお配りして、足ふきを徹底してもらうようにしましょう。

スタジオ内に脚立を用意
レッスン前に個人に合わせてハンモックの高さ調整を行うため、スタジオ内には常時脚立が置いてあると便利です。
リストラティブなポーズから変化させる場合など、レッスンの途中から高さを変えるケースもあります。
高さが合わない状態でレッスンを行うと危険です。一人一人に合った調整を行いましょう。

波の音について
ヨガのBGMでよく用いられる「波の音」は、エアリアルヨガでは向かない場合があります。
波の音を聞きながら、ハンモックに包まれてゆらゆら揺れていると心地よさを感じる人もいますが、三半規管の弱い人が聞くと、波を連想してしまい、酔ってしまう場合があるので注意が必要です。

導入をご検討の店舗様はこちら講師派遣はこちら